2015年4月3日金曜日

【国際青年交流奨学金】すべての必要を満たしてくださる神様


JELAは毎年、日本や世界のために活躍するであろう人々に奨学金(返済不要)を提供しています。昨年から奨学金を受けているラブリーリリー・シドニーさんから便りが届きましたので、ご紹介します。なお原稿は事務局で一部編集しています。


すべての必要を満たしてくださる神様
ラブリーリリー・シドニー

私は日本で、ナイジェリア人の母子家庭に生まれました。幼い頃から日曜日に母と教会に行き、イエス様の存在を感じてはいましたが、自分の生活と結びつけることはあまりなかったと思います。

高校卒業後、テンプル大学日本校に入学できましたが、学費を払い続けるのは母子家庭である私たちには悩みの種でした。勉学が軌道に乗った時、母がアフリカで働くことを決めました。学費のこともあり大学を続けるか、母について行くか悩みました。母が日本を発つまで時間もなく途方にくれていたときに、JELAの奨学金をいただけることになったのです。神様は本当に思いがけない方法で働くなと実感し、感激しました。

テンプルの学生はみんなとてもオープンで、周りに流されず自分自身に誇りを持っている人が多いです。そんな人たちに囲まれて過ごしていく中で、自分の本来の姿である神の弟子(クリスチャン)であることをもっと外に出していくべきだと思い、学校の外ではSI(スチューデント・インパクト)というインターカレッジ(複数大学の学生から構成)の学生クリスチャンサークルにも参加しています。クリスチャンに出来ることは神の愛を伝えていくこと、良い知らせを私たちなりのベストな方法で語ることだと思います。

今の私に必要なすべてを与えてくださっている神様、そしてJELAに心から感謝します。


※上記の記事は抜粋です。全文は8月発行のジェラニュース37号に掲載予定です。


■「ジェラニュース」を読みたい・送って欲しいとご希望の方は、下記までご連絡ください。
 【メール】 宛先:jela@jela.or.jp
・件名に「ジェラニュース希望」と明記してください。
・住所(郵便番号、アパート等の場合は建物名と部屋番号もお願いします)
・氏名(フルネーム、よみ方もお書きください)
・電話(携帯電話も可です)
・希望部数
・クリスチャンの方は所属教会をお教えいただければ幸いです。
※電話(03-3447-1521)FAX(03-3447-1523)でも受け付けいます。
お送りいただいた個人情報につきましては、JELAの案内等にのみ使用させていただきます。

■関連リンク
国際青年交流奨学金(JELAニュースブログ)
日本福音ルーテル社団 (JELA)