2015年11月6日金曜日

【世界の子ども支援チャリティコンサート】来年(2016)はヴァイオリンとピアノで

毎年春に開催している世界の子ども支援チャリティコンサートの来年(2016)の演奏者が決まりました。この6年間、フルートを主にピアノとギターの伴奏でお届けしてきましたが、来年は趣向を変え、ヴァイオリン(真野謡子さん)とピアノ(前田勝則さん)のデュオです。
JELAホールでの打ち合わせ

お二人とも山口県のご出身(真野さんは宇部市、前田さんは柳井市)で、日本の国内外でご活躍されています。JELAのチャリティコンサートには初登場です。

本日、東京・恵比寿のジェラ・ミッションセンターをご訪問くださり、ご挨拶がわりに息の合った演奏を生で聴かせてくださいました。モーツァルト「ヴァイオリン・ソナタK305第1楽章」、ドビュッシー「月の光」、クライスラー「愛の悲しみ」、ショパン「英雄ポロネーズ」、モンティ「チャルダッシュ」と盛りだくさんの内容で、一日のはじめに優雅な時間を過ごせたことをお二人と神様に感謝します。

会場を募るための文書を本日、全国の日本福音ルーテル教会などに発送しました。山口県内の教会が会場になってくだされば、お二人とも俄然張り切るでしょう。その場合、山口弁で曲目紹介などをするといった、楽しい駆け引きが見られるかもしれません。

お二人の詳しいプロフィールなどは、追々お知らせしてまいりますので、楽しみにお待ちいただければと存じます。
ヴァイオリンの真野さんとピアノの前田さん
 【JELAのチャリティ音源情報】
フルートの上野由恵さんによる「チャリティ音楽ダウンロード」情報は、こちらをご覧ください。
好きな讃美歌、愛唱讃美歌がありましたらダウンロードいただければ幸いです。

1曲150円、アルバム全13曲で1500円となっております。

【関連リンク】
チャリティコンサート関連記事(ブログ)
JELAのホームページ