2015年11月27日金曜日

【世界の子ども支援】カンボジア支援地の視察を実施しました

11月10~14日、JELA理事の今井哲男、シニアアドバイザーのローウェル・グリテベック、職員の奈良部慎平の3名がカンボジアのJELA支援地域の視察を行いました。

現地視察の目的は、カンボジアのパートナーLife with Dignity(LWD)との共同事業である水プロジェクト(僻地の給水システム構築)、そして学校建設、ソーラーランタン・プロジェクトの実施状況を確認するためです。以下にそれぞれについて報告します。

◇◆◇

【水プロジェクト】
貯水池となる池から村へ水を供給するための給水塔の建築支援をJELAは行っています。計画では10月末に給水塔が完成の予定でしたが、実際には、工程の約15%が残っている状況でした。給水管(水道管)の埋設は総延長8kmになりますが、その作業は完了しています。あとは、給水塔上部にタンクを設置するのみです。

このプロジェクトは、カンボジアのある地域の水不足(『ジェラニュース』第31号3頁参照)を知って心動かされたお一人の方が、JELAに大口の寄付をお送りくださったことで実現したものです。


【学校建築】
JELAはこれまでにカンボジアに5つの学校を建築してきました。今回は2015年に提供した支援費で建築(増築)された学校を訪問しました。そこでは約50人の幼児に、読み書きに焦点をおいた授業が行われていました。

JELAとLWDは、カンボジア政府の資金援助のない現地の最貧地域のために、今後も学校建築・修繕を援助する方針です。引き続き寄付と祈りでご支援をいただければ幸いです。


【ソーラーランタン】
パナソニック株式会社から(JELAの仲介により)LWDに対して、ソーラーランタン672台を寄贈いただきました。LWDではこれらのソーラーランタンを、子どもがいる貧しい家庭に配布しています。

JELAは、このソーラーランタンがもたらす生活向上の内容を明らかにする現地調査を定期的に行っています。今回もAさん(匿名)宅を訪問し、聞き取りを実施しました。調査は今後も継続的に行い、データが十分にそろった段階で、何らかの学術的な会合で発表することを目指しています。

◆◇◆

カンボジアの支援状況は、本ブログジェラニュースで随時お知らせして参ります。

JELAのアジア子ども支援は、皆様のご寄付によって成り立っていますので、引き続きご支援いただきますよう、お願い申し上げます。


【参加者募集中】
2016年 カンボジア・ワークキャンプ (締切間近11/30まで)
2016年 アメリカ・ワークキャンプ

【関連リンク】
世界の子ども支援関連記事(JELAニュースBLOG)
JELA海外ワークキャンプ関連記事(JELAニュースBLOG)
日本福音ルーテル社団(JELA)