2016年3月30日水曜日

【リラ・プレカリア】今野七重(5期修了生)の東北奉仕だより その一

2016年3月11日。「あの日」から丸5年が経った特別な日に、3期生の横山恭子さんに付き添われ、仙台の「杜の里老人ホーム」で初めてパストラル・ハープの奉仕をさせていただきました。

東日本大震災記念礼拝で奉仕する今野さん
津波被害の後に再建されたホームには、スタッフの皆さんの明るく柔らかな表情があふれていました。

JELAでの2年間の研修で出会った皆さんを通して神様からいただいた「あなたはかけがえのない存在」というメッセージを、そのまま老人ホームの利用者様にお届けできたらと願い、すべてを神様の御手にゆだねて歌いました。

ティールームのテレビからは、私のハープが奏でるパストラル・ミュージックと重なり合うように、大震災被災者にむけた追悼のメッセージが流れていました。