2016年4月27日水曜日

【ブラジル子ども支援】AMILUだより 「おかえりなさい! 6年ぶりの子どもたち」 その1


サンパウロ教会の徳弘浩隆牧師より4月の音楽ミニストリー(AMILU)便りが届きました。AMILUをきっかけにうれしいお話を2回に渡りご紹介いたします。6年前の出来事から始まり、現在につながります。

◇◆◇

今日は水曜日、サンパウロでのAMILUの日です。大人のリコーダーアンサンブル、子どもたちの音楽教室、そして聖歌隊の練習の日です。しかし、N1H1というタイプのインフルエンザが流行り、また大きな行事のバザーの後でもあり、今日は少なめ。一通り終わって、二階でCaféを飲んでいると教会のチャイムが鳴りました。

リモコンで門扉を開けて待ってみるとどこかで見た親子連れ。懐かしそうにお辞儀をして入ってきます。「こんにちは、音楽の先生はいらっしゃいますか?」というので、Melo先生をよびました。「日本語はなさないといけないですか?」とたどたどしく話される日系二世のお母さん。「いえ、彼はポルトガル語のほうがいいですよ」というと「あぁ、良かった」と子どもたちを紹介します。

6年前に教会で行われた誕生日会の模様
実はこの親子は6年前に、教会のサロンをお貸しして、下の子の1歳のお誕生会をしたのです。教会が引越しをして聖別式をしたすぐ後のことでした。

あれから6年。教会で音楽教室をしているといううわさを聞き、子どもたちに習わせたいと、連れてこられたのでした。 お姉ちゃんは、ピアノとフルートとリコーダーをやっていたけど、先生が外国に行き他の先生を探していたところだとか。妹のほうはまだあまりしていないので、習わせたいとのこと。     (徳弘浩隆)