2016年4月8日金曜日

【世界の子ども支援】JELAアドバイザーがカンボジアのパートナー組織を訪問

Panasonic Facebookより
3月14日、JELAアドバイザーのローウェル・グリテベック氏がカンボジアのパートナーLife with Dignity(=LWD)を訪問し、今後の子ども支援での協力のあり方、ソーラーランタンの調査などについて話し合いました。JELAとLWDは、日本の青少年を育成するための現地でのワークキャンプの提供、パナソニック株式会社のCSR「ソーラーランタン10万台プロジェクト」の仲介や学術調査などで協力しています。

翌15日、グリテベック氏はプノンペン市内で開かれたパナソニック株式会社主催のソーラーランタン寄贈式典に出席し、貧しい人々、特に子どもたちのためにソーラーランタンを寄贈しているパナソニックに、JELAを代表して感謝の意を伝えました。式典には、寄贈先団体に加えて日本大使館からも参加があったほか、複数のメディアが取材に訪れるなど、関心の高さを示しました。