2016年6月1日水曜日

【難民支援】「世界難民の日」関連イベントをジェラ・ミッションセンターで開催

620日の世界難民の日」に合わせ、同月22日(水)の夜にジェラ・ミッションセンター(東京・恵比寿)で「なんみんフォーラム  オープンデー2016」が開催されます。

主催するのはNPO法人なんみんフォーラム(FRJ。日本の難民支援NGO十数団体のネットワーク組織であり、JELAも加盟しています。 

当日は難民支援の情報が得られるブースも多数お目見えし、日本の市民社会による難民支援の取り組みを紹介するイベントとなります。難民の方調理した軽食も振る舞われます。

概要は以下の通りです。ご興味のある方、どうぞお誘いあわせの上、お気軽にお越しください。

◇◆◇ 

6/22 なんみんフォーラム オープンデー2016のご案内  

6月20日は国連が定める「世界難民の日」です。 
世界では、シリア、アフガニスタン、ソマリア、南スーダンをはじめとする国々から、6,000万人以上の人々が、紛争や迫害を逃れて避難を余儀なくされています。その半数以上が国内で避難生活を送ります。昨年、100万人を越える難民が欧州に渡り大きな注目を浴びましたが、難民は日本にも来ています。

遠いどこかの地で、誰かの命が脅かされていることに心を痛めますが、私たちの住んでいる日本でも、そうした恐怖を逃れてきた人が、何もないところから再出発しようとしているという事実が存在します。

一国だけでは解決の出来ない難民問題。国際社会の一員として、日本に、そして私たち一人ひとりに何ができるでしょうか?

日本に逃れた難民を支援する団体のネットワークである、なんみんフォーラムは、今年の世界難民の日にあわせ、入退場自由、ブース形式のイベント「なんみんフォーラム オープンデー2016」を開きます! 支援団体のブース、難民の方の手料理など各企画を自由に回ってお楽しみ下さい! また、会場には、難民支援に携わる様々な方が集います。難民の方のご招待も予定していますので、ぜひ交流の場としていただければと思います。皆さまのご来場をお待ちしております!

*詳細・最新情報はウェブへ*

【日時】 
2016年6月22日(水)18:00〜20:00(入退場自由) 
【場所】 
日本福音ルーテル社団1階 JELAホール(渋谷区恵比寿1-20-26 )
JR 山手線恵比寿駅東口より徒歩3 分・東京メトロ日比谷線恵比寿駅より徒歩5 分 
*アクセスはこちら 
【主催】なんみんフォーラム(FRJ) 
【入場料】500円 
【お申し込み】
参加申し込みオンラインフォームに記入をお願いいたします。
【お問い合わせ】
なんみんフォーラム事務局 info@frj.or.jp

イベント内容紹介

その1:難民支援団体ブース 日本に逃れた難民を支援するNGOや団体がブース出店 
各ブースでは、活動紹介、難民に関する資料や物品の販売などを行います。難民支援と一言にいっても、法的支援や生活支援、エンパワメントやアドボカシーなど、市民社会の動きは多岐に渡ります。活動から見えてくる日本の難民受け入れの現状はもちろん、日頃なかなか聞けない細かな疑問などもお気軽にお尋ねください。 

その2:難民の方の手料理 
慣れ親しんだ故郷の味を、難民の方が用意してくださいます。ドリンクと軽食をお楽しみください! 

その3:写真で振り返る! 日本の難民受け入れ
日本はどのように難民を受け入れてきたのか? 半世紀を振り返れば、日本は1万人以上のインドシナ難民を受け入れた歴史も持っています。写真から、日本の難民受け入れの変遷をご紹介します。

◆◇◆
【関連リンク】 
JELAの難民支援事業について(JELAウェブサイト)