2016年7月28日木曜日

【宣教師支援】ボーマン・ナタン宣教師、31年間の奉仕を終えて米国へ

31年にわたり日本宣教に尽くされたボーマン・ナタン宣教師が7月27日の午後、8月の帰国を前にJELAを訪ねてくださいました。
熊本弁で話すボーマン宣教師

ボーマン宣教師はジョン&ベルニダ・ボーマン宣教師夫妻の子どもとして日本でお生まれになり、日本の中では日本福音ルーテル神水教会、同松橋教会、慈愛園など、熊本の教会・福祉施設で長期間奉仕されてきました。言葉の端々に熊本弁がこぼれる愉快な先生です。

JELA事務所では中川浩之理事、森川博己事務局長、そして職員全員が先生と1時間半近くお話をし、別れを惜しみました。8月すぐにアリゾナ州に引っ越され、これからはアメリカの地でご家族と一緒に新たな人生を始められるとのことです。

長年に渡り日本のために尽くされたボーマン宣教師に感謝するとともに、米国でのさらなるご活躍をお祈りいたします。

【関連リンク】
宣教師支援のニュース(JELAブログ)
JELAの宣教師支援事業について
日本福音ルーテル社団(JELA)

日本での思い出を話すボーマン宣教師

ボーマン宣教師を囲んでの記念写真(JELAミッションセンターホールにて撮影)