2016年8月18日木曜日

【アメリカ・ワークキャンプ2016】参加者のレポート(その8)

黒河内貴子さんからレポートが届きましたので以下に掲載します
*ここに掲載するすべてのレポートは、JELA事務局が一部編集したものです。

◇◆◇
黒河内貴子(JELC飯田教会・16才)

初めてのワークキャンプへの参加でしたが、本当にいろんな経験ができた2週間でした。

もともと参加したきっかけが日本の春のティーンズキャンプの時にワークキャンプの存在を知り、内田奈七ちゃん(今年の参加者の一人)に誘われたという理由で、まぁー、楽しそうだなぁ~、これを機に英語が少しでもできるようになればいいなぁ~というほんの少しの興味本位でした。また、英語も喋れなく本当に行っていいのかと不安しかありませんでした。
 
実際にワークキャンプでは、家を修繕する仲間との聖書の学びや修繕作業の場所での活動時など、日本人は自分しかいないときもあり、周りからは英語しか聞こえないという不安に押し潰されそうになったときもありました。初めはなにも手伝うことが出来ず、ただ見ているだけしかできませんでした。これがほんとに悔しかったです。
 
勇気を出して初めて言えた言葉が「What should I do?」(わたし、何したらいい?)という英語でした。伝わっているのかもわからずドキドキしていたら、笑顔で返してくれて私の仕事を探してくれました。その時の喜びは今でも忘れません。本当に嬉しかったです! 神様が助けてくださったんだと思いました。
クルーと一緒に作業に励む黒河内さん(左端)
また、自分からは話しかけられないため一人黙々と作業をすることが多かったんですが、作業仲間が通訳してくれたり、話しかけてくれたり、私の活動をほめてくれたりしてくれて、普通に接してくれたことがとても嬉しかったです。
最後の夜のプログラムでは私の良いところや、この一週間のことをポールさんの通訳を介して作業仲間一人ひとりから言ってもらった時は本当に嬉しく、こんなにも愛してくれる人たちがいて私は幸せ者だと改めて思いました。
 
初めの緊張や不安が嘘のように最後は帰りたくない! まだみんなといたい! と思っていました。普通は出会えない者どうしなのにこうして出会って、言葉が通じあえることがどんなにすごく、普通じゃないことなのかということを改めて感じさせられました。アメリカの皆さん楽しい日々をありがとう!
 
そして、ポールさん。かおるさん。どんなに助けてもらったことか。自分ではなにもできず、手伝ってもらってばかりでもわたしが頑張っていることをとてもほめてくださり、勇気を与えてくれました。本当に感謝しきれないほど感謝しています。ありがとうございます!
 
ユースメンバーのみんな。ご飯を食べるとき、遊ぶとき、お祈りするとき、どんなときもいつも一緒にいてくれたメンバー。楽しい毎日をおくれたのもみんながいてくれたからです! ほんとにありがとう! 楽しい2週間をありがとう! 大好きなみんなにまた会えることを楽しみにしています!
ユースメンバーみんなといつも一緒(黒河内さん左から2番目)

最後にイエス様。素敵な経験をありがとう! 素敵な出会いをありがとう!