2017年1月18日水曜日

【宣教師支援】 神様が与えてくださるもの

短期宣教師のディーン・ホルツさんが3月に熊本での任務を終えて帰国します。以下は、日本を去るにあたっての、ディーンさんからのメッセージです(英語の原文をJELA事務局が和訳しました)。

◇◆◇

イエスは言われた。「はっきり言っておく。わたしのためまた福音のために、家、兄弟、姉妹、母、父、子供、畑を捨てた者はだれでも、 今この世で、迫害も受けるが、家、兄弟、姉妹、母、子供、畑も百倍受け、後の世では永遠の命を受ける。」
                                                               (マルコによる福音書 第10章29~ 30節)
ディーン・ホルツさん


妻のアンと私は日本で、特に熊本で数えきれないほど素晴らしい経験をしました。上に引用したイエス様の言葉のとおりです! 神様のお導きと御国をもとめる者には、神様は想像を超えるものを与えてくださいますが、アンと私の場合もそうでした。

日本に来た時、私はスーツケース1個しか持ってきませんでした。春には、そこに入りきらない沢山のものとともにアメリカに帰ります。ほとんど何も持たずに来日した私ですが、神様はあふれんばかりに豊かにご自分の富を与えてくださったのです。

神様からいただいたものは何でしょう。それは、ここ熊本で出会った皆さんです! 毎週火曜日に幼稚園で教えてきた子どもたちは、神様から私の人生と心に注がれた賜物です。九州学院の中高生の教え子たちも神様からの賜物です。日本福音ルーテル大江教会の皆さん、そして熊本教会国際礼拝に集う皆さんも神様からの賜物です。大江教会で毎週水曜日に教えた英語クラスの皆さんも神様からの賜物です!

ほとんど何も持っていなかった私に、私の思いを超えて与えてくださった神様! 日本に来た時わずかしか持っていなかった私を、神様は豊かに祝福してくださいました。「空」の私を満たしてくださいました。狭かった私の心が、皆さんとの思い出で大きくふくらみました。
 
神様の豊かな祝福に、皆さんお一人お一人を私に授けてくださった神様に感謝します。
 

ハロウィーンを楽しむ大江教会の皆さんとディーンさん(右から2番目・帽子と仮面の方)
◆◇◆