2015年5月29日金曜日

【ブラジル子ども支援】音楽教育プロジェクト Melo牧師らがJELA訪問

JELAはブラジル子ども支援として、日系人を中心とする現地のサンパウロ教会が推進する、子どもたちへの音楽教育プロジェクト「AMILUに必要な楽器購入のために財的支援をしています。このプロジェクトのリーダーであるMelo牧師が、先日来日しました。Melo牧師は、同教会の徳弘牧師(JELC派遣宣教師)と一緒に牧会しています。

初めて来日したMelo牧師は、サンパウロ教会の会員2名(薩川真紀子さんと佐野アリスさん)と共に527日にJELAを訪問しました。JELAからは、2008年にブラジルを訪問した中川浩之理事長、古川文江元事務局長、星崎ポール職員が出席し、薩川さんと佐野さんとは7年ぶりの再会となりました。

去年2月からサンパウロ教会に赴任したMelo牧師は、神学校に入学する以前に大学で音楽を勉強しており、この音楽教育プロジェクトに積極的に取り組んでいます。この日、Melo先生はJELAの支援に対して感謝の気持ちを伝えるとともに、「この音楽教育プロジェクトのお蔭で、教会は近隣の子どもたちと彼らの家族に身近な奉仕ができ、信頼も築くことで教会の伝道にもつながります」と今後の抱負を述べました。また「このプロジェクトは今年始めたばかりなので、いかに継続して子どもたちの成長に貢献できるかが課題です」とも語っていました。

中川理事長も音楽を通じての支援に共感し、Melo牧師と新たな可能性などについてアイディアを交わしました。またこの機会に、Melo牧師にJELAの歴史と事業について紹介をしました。

左から、星崎職員、元事務局長の古川さん、中川理事長、佐野アリスさん(車椅子)、薩川真紀子さん、Melo牧師
【関連リンク】