2017年12月19日

【ブラジル・音楽ミニストリー報告】音楽やパソコンを習うのは何のため

ブラジル・サンパウロ教会が子どもたちの情操教育のために行っている音楽ミニストリーをJELAは支援しています。以下は徳弘宣教師ご夫妻による最近の報告です。

◇◆◇

2学期の発表会の途中にビデオを見せて少しお話をしました。2月から始めた教室のスナップ写真を50枚選んで音楽付きのビデオを作っていたので、これを上映しました。子どもたちは自分が出てくると手をたたいたり、他の子が出てくるとその子の肩をたたいたり、大喜び。この1年弱を振り返り、みんなで楽しみました。
楽器と歌と踊りで楽しむ子どもたち
「今日のビデオはこれで終わりじゃないんだよ。先生が撮ってきた外国の写真を三つ見せます。みんなで一緒に、ちょっとアメリカと、カンボジアと、インドに行ってみよう!」というと、お母さんたちも興味津々。

「アメリカはお金持ちの人ばかりと思う? そうじゃないんだよ。貧しかったり、年をとって体が弱いのに一人で暮らしていたり、いろんな人が住んでいて、教会のボランティアのみんながお手伝いに行くワークキャンプというのをやっているんだよ。手伝っている子には、みんなより少し年上だったり、同じくらいの子もいるねぇ」。

「次はカンボジアだ。国の中で戦争があって、地雷もたくさんあって、学校があんまりないんだ。だから、小学校を建てる手伝いやペンキ塗りをしたりするボランティアに日本から行ってるんだ」。

「最後はインド。貧しくて病院に行けなくて足を切ってしまった人たちに、義足を作ってあげるのを手伝うボランティアに日本から行っています。這っていた女性が歩けるようになったり、『新しい足』でバイクを運転して仕事もしやすくなったおじさんもいるんだ。今までは人に助けてもらっていたけど、自分で歩けるようになって、仕事もできるようになって、次は、人のお世話をしてあげられるようになるんだ」。

こんな感じで、彼らの少し年上の子たちも、日本の教会からJELAのプログラムに参加して外国の困っている人たちのお手伝いをしているということを話しました。

子どもたちもお母さんたちも、教会員やスタッフも、神妙な顔をして聞き入っています。「だからね、先生たちがここで音楽やパソコンを教えているのはね、楽しむためだけじゃないんだ。みんなが勉強して、立派な大人の人になること。そして、今まで助けてもらってきたら、今度は困っているほかの人を助けるような人になってほしいからなんだ」。みんなうなずきながら聞いてくれました。
ビデオとお話を熱心に聞く
数日後です。今度洗礼を受けることになったアナライザがホワイトボードに何か書いているので、そばに行ってみました。「Sensei、私の名前カタカナでなんと書くか、ちょっとわからなくなったから教えてよ」と言います。ポルトガル語で一つの文章が書いてあって、自分の名前のところだけ、習いたてのカタカナで書こうとしているところでした。

私はその落書きの文章を見て、とてもうれしくなりました。こう書いてあったからです。「Eu アナライザ quero ir ao Estados Unidos USA ajudar as pessoas de lá. Arigato. Obrigado. ♡(私アナライザはアメリカに行って、そこの人たちのお手伝いをしてあげたいです。ありがとう。オブリガード ♡)」。 インドやカンボジアのことも書き加えていました。
ホワイトボードの前のアナライザさん
「自分が助けてもらったら、そして教会に通って洗礼を受けて成長したら、勉強も続けて、今度は困っている人のお手伝いをしてあげられる人になってほしい」。そんな私たちの祈りが、少しは子どもたちの心に届き始めているのかもしれません。

これからも、祈りながら、取り組んでいきたいと思います。山あり谷あり、一喜一憂や資金不足も続くでしょう。でも、神様が必要と言われるなら、続けていきたいです。今後ともよろしくお願いいたします。
徳弘浩隆・由美子

 ◆◇◆



2017年12月18日

【世界の子ども支援】明治学院中学校ハンドベルクワイアがチャリティコンサート 席上献金を全額JELAへ

毎年クリスマスを前に、ルーテル保谷教会明治学院中学校ハンドベルクワイアによる「親子で祝うクリスマス チャリティコンサート」を開いてくださり、席上で捧げられた献金のすべてをJELAの世界の子ども支援事業のために寄付してくださいます。

今年も17日(日)午後からコンサートがあり、86名が集まりました。ディズニーアニメーションの曲や、メンデルゾーンやチャイコフスキーのクラシックまで、多彩な演奏を繰り広げました。

後半はクワイアのメンバーがサンタクロースの帽子をかぶり、クリスマスナンバーを披露し、会場は一足早いクリスマスの雰囲気に包まれました。

献金総額は、70,196円。このすべてをインドの少女支援のために使わせていただきます。明治学院中学校ハンドベルクワイアの皆様、そしてルーテル保谷教会の皆様、会場にお集まりいただいた、すべての方に感謝いたします。よいクリスマスをお迎えください!

【関連リンク】 
JELA世界の子ども支援関連記事(ブログ)
日本福音ルーテル社団(JELA)ウェブサイト

会場に掲示されたインドの少女たちのプロフィール  作者:岡本心奈

会場の様子

2017年12月13日

【ブラジル子ども支援】メロ牧師の日本研修だより(6)

ブラジル・サンパウロ教会のメロ牧師が5月下旬から岐阜県大垣市に滞在し、日本語・日本文化を研修中です。この日本語レッスンの費用全額をJELAが支援しています。今回は11月下旬から12月上旬にかけての報告です。

*以下は、メロ牧師によるポルトガル語をJELA関係者が一部補足し、和訳したものです。
**日本研修だよりバックナンバー ⇒  (1) 、(2) 、(3) 、(4) 、(5)

◇◆◇

11月23日に長崎のカトリック浦上天主堂で行われたルターの宗教改革500年を記念する式典に参加しました。

日本福音ルーテル教会のすべての牧師とカトリック教会の司祭、そして多数の信徒が一同に会し、宗教改革500年を記念するシンポジウムと祈りの時を持ちました。

カトリック教会と合同でこのような会を持てたことは大変有意義であり、日本にいたことでその式典に参加できたことを光栄に思っています。

浦上天主堂前に勢ぞろいした教職者たち

長崎の後は熊本も訪問し、九州には合計2週間滞在しました。熊本の教会では日本語で礼拝説教と聖餐式を担当し、日ごろの日本語レッスンの成果を発揮しました。


◆◇◆

【関連リンク】

2017年12月11日

【世界の子ども支援】12月17日にルーテル保谷教会でクリスマスコンサートを開催

明治学院中学校ハンドベルクワイアによる「親子で祝うクリスマス・チャリティコンサート」が12月17日(日)午後1時30分から日本福音ルーテル教会保谷教会で行われます。

当日会場で集められた献金は、JELAのインド少女支援のために捧げられます。近隣の方、お時間のある方は、コンサートに参加いただければ幸いです。

会場の詳細は、下記の保谷教会ホームページをご参照ください。
http://www.jelc-houya.org/map.html

どうぞよろしくお願いいたします。


【関連リンク】
日本福音ルーテル社団(JELA)

2017年12月8日

クリスマスは何をする日?

NHKの「クローズアップ現代」で長年キャスターを務められた国谷裕子さんにお会いする機会がありました。帰宅後に、国谷さんの『キャスターという仕事』(岩波新書)を読み返したところ、クリスマスを扱った同番組制作時の次のエピソードに興味を引かれました。

インタビューを受けるのは脚本家の倉本聰さん。本番で流すVTRリポートを事前にスタッフとながめた直後に倉本さんはこう言い放ったそうです。

   「全然違う、俺は帰る」

スタジオにいる国谷さんとスタッフのあわてぶりが目に浮かぶようです。

イラスト:たかみねみきこ
倉本さんが言いたいのは、「クリスマスは何かをしてもらう日ではない。何かを人のためにする日だ。VTRリポートには、こうしてほしい、あれが欲しいが描かれている。まったく違う」ということらしいのです。この「事件」について国谷さんは、「倉本さんはクリスマスとは本当はどういう日かを話してくれた。私は、大事なことに気づかされた思いがした」と結んでいます。

クリスマスの朝、欲しくてたまらなかった野球のグローブや玩具を枕元に見つけて大喜びした幼い頃。プレゼントにはサンタさんからの手紙もついていました。「なんか、おかあちゃんの字みたいやなあ」(筆者は大阪育ちです)とつぶやきながらも、それ以上は追及しないという「純真な」子どもでした。

親子の愛情の分かち合い。それはそれで素晴らしいものです。しかし、倉本さんが言う「人のために」の「人」には、もう少し広い意味が込められているでしょう。国を追われた難民近くに学校がないアジア貧村の子ども震災で多くを失い子どもの学費に苦労する母子家庭……こういう人々を含む言葉ではないでしょうか。JELAはそのような人々を支援する団体です。

クリスマス。それは、家族や人々に愛を分け与えるときです。家族団欒を楽しんだあと、JELAに寄付をすることによって、今年のクリスマスをより充実したものにしませんか。

世界は皆さんお一人お一人の愛の奉仕と捧げものによって少しずつ、しかし確実に、よりよいものに変えられます。皆さんの愛の奉仕のお手伝いをJELAにさせていただけませんか。

2017年のクリスマスを前にして
JELA事務局長 森川博己


*ご送金いただける場合は以下をご覧ください。
http://www.jela.or.jp/donation/index.html

【関連リンク】
日本福音ルーテル社団(JELA)

【国際青年交流奨学金】アジア学院の奨学生が卒業発表

卒業発表をするネリー・シェラさん
開発途上国の農村リーダーを育成しているアジア農村指導者養成専門学校(栃木県那須塩原市、運営母体:学校法人アジア学院)で、JELAの奨学金で今年4月から研修を受けているネリー・シェラ・チャプチュッ・ヨンガさん(カメルーン出身)の卒業発表が12月4日に行われ、JELAの下川職員が出席しました。

ネリー・シェラさんは、今は亡きお母さまの設立した女性自立支援のNGOに勤め、コミュニティ生活や食料生産に対する総合的なアプローチを会得したいと、今春からアジア学院で研修なさっています。

ネリー・シェラさん(右)と下川職員
発表の中でネリー・シェラさんは、「すべての人が、健全で自足・自立した生活を送ることができるコミュニティを築きたい」という夢を語り、母国に戻ったときには特に女性と若者にフォーカスした活動を展開したいと述べました。その上で、アジア学院で培った有機農業やリーダーシップのスキルを活かして、コミュニティ生活から得られる富をメンバーが分配できる仕組みを作ることを目指している、と具体的な計画を発表しました。

ネリー・シェラさんは聡明で自信に溢れ、また故郷を非常に大切に思う方です。発表は、理論に根ざした合理的内容で、同時に自分のコミュニティを良くしていきたい、という強い思い感じ取れるものでした。アジア学院のスタッフも「彼女は非常に熱心で、よく学び、よく働く」と高く評価していました。

JELAのサポートによって、このような優秀な方が日本の地で有益な学びを得ることができたことを嬉しく思います。ネリー・シェラさんは今月帰国予定ですが、カメルーンにもどった後のご活動が祝されたものとなるよう祈ります。

【関連リンク】

2017年12月7日

【国際青年交流奨学金】英大学院修了の小川さんがJELA来訪

JELAの奨学金支援を受け、英ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジでダンス・ムーブメント・サイコセラピーを学び、今夏修士課程を修了した小川昂子さんがJELAを表敬訪問してくださいました。
小川さん(右)とJELA森川事務局長
小川さんは在学中のインターン先に就職し、当面は英国でダンス・ムーブメント・サイコセラピーを実践する予定ですが、将来的には日本での活動も考えていらっしゃいます。小川さんのさらなるご活躍を祈ります。


2017年12月4日

今年も事業報告会&パーティを開催!

12月2日に恵比寿のJELAミッションセンター・ホールで、事業報告会とパーティを開催しました。ご支援者の方々を中心に約60名にご出席いただきました。

報告会は、JELAの担当職員が今年のカンボジアインドの子ども支援の状況を説明したほか、カンボジアやアメリカのワークキャンプ参加者短期宣教師と日本語レッスン担当講師、JELA奨学金を受給してイギリスでダンス・セラピーを学んできた方、ボランティアとして難民のとの触れ合いをしてくださっている方など、JELAの事業に関わりの深い皆様をご紹介する場となりました。

JELAの難民シェルター「ジェラハウス」に居住する難民の方々も、子どもをたくさん連れてご参加くださいました。その中に、今月中旬に母国への帰国が決まっているHさんご家族がお見えになっていたので、会場で渡航費の募金を呼びかけたところ、16,100円もの献金が集まりました。渡航費の約2割にあたります。感謝して用いさせていただきます。募金にご協力いただきました方には、この場を借りて感謝申し上げます。ありがとうございました。なお、残る8割はJELAが負担いたします。

このようなイベントを通じ、支援者・関係者の皆様と交流できますことを感謝いたします。ニュースレターを読むだけでは味わえない触れ合いの場として来年も開催予定です。引き続きJELAの活動をお支えいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

当日は、号外の「JELA NEWS」を発行しました
挨拶に立つJELA森下博司理事長
パーティの様子
乾杯
パーティの様子2
【関連リンク】
日本福音ルーテル社団(JELA)

【川柳ひろば】第10回 入選句発表!

JELA川柳ひろばの第10回入選句が発表となりました。次の三句が選ばれました(柏木哲夫・選)。おめでとうございます。追って粗品をお送りします。
 
<最優秀句>
  • 五十年複利で貯めたこの脂肪(およし)


<優秀句>
  • ベルト穴二段ゆるめてうなぎ喰う(うなたろう)
  • 包丁の音止みチンの音ばかり(とんちゃん)


以下のような作品もありました(川柳ひろば管理人・選、柳名略)。
  • ケーキからスマホになって子供の日
  • しないなら気軽に言うな「反省」と
  • 赤ちゃんに耳たぶ触られ笑み漏れる
  • 「呆けました」失敗全てそのせいに
  • 「あれ取って」それが出てくるありがたさ
  • 孫たちのLINEに入りて安否よし
  • 「恵みのみ」ルターの言葉今新た
  • 候補者は心にもない愛を説き
  • リニア線開業するころ僕シニア
  • 突然に秋と尿意は訪れる
  • IR法依存症者のカネの声
  • ギャンブルは無用無情の響きあり


 作品は随時募集しています。JELA事務局までご投句ください。(これは内緒ですが)一度に数十句いただけると、入選作や佳作に選ばれる可能性がぐっと高まります。入選句の発表は毎号ではなく、一定数の投句者と作品がそろった時点で行います。お知り合いの方に投句をお勧めいただけると幸いです。
(川柳ひろば管理人・森川博己)


川柳募集の趣旨や詳細は、こちらをご覧ください。

川柳の作り方については、こちらからをご覧ください。
◆ 「川柳ひろば」の投稿先:
  日本福音ルーテル社団(JELA)「川柳ひろば」係
  住所:150-0013 渋谷区恵比寿1-20-26  
  FAX:03-3447-1523
  E-mail: jela@jela.or.jp 皆様のご応募をお待ちしています。


【関連リンク】