2014年11月13日木曜日

【新しい短期宣教師】ハナ・ジェンセン=ラインキさんが日本でしたいこと

東京で研修中の三人の新しい短期宣教師の皆さんは、1月から九州に移動し、熊本での3か月の研修の後、2015年4月から2年間、九州学院九州ルーテル学院の中・高生に英語を教えます。
それぞれに、日本でしたいことなどについて話を聞きましたので、お一人ずつご紹介していきます。今回はハナ・ジェンセン=ラインキさんです。

ハナさんはアメリカの大学で2年間日本語を習ったことがあり、日本語が少しできますので、自分の思いをワープロで作文にしてもらいました。それが以下の原文です。とても上手ですが、少しわかりにくい部分もあるので、オリジナルの後に、原文をなるべく生かした形の、事務局による一部修正文をつけます。

ハナさんの原文  「私は日本に行ったら、私はいろいろなところにいってはんこうしたい。私は北海道でスキーにしてみたい。九州のうみに行ってみたい。もう私は四国じゅうんれいしていろいろなお寺をみってみたい。古いれきしてんきなはしょをみることがすきだ。古いお寺をかんこうすることはひじゅにおもしろいです。私は古いれきしをまなぶことはだいすきた。日本で私は日本のれきしとげんごのちしきをふやしたい。また私は熊本でよいえいごの先生になって学生がおおくのことをまなぶのをたすけるようにしたいと思います。」

〇 事務局による一部修正文  「私は日本に行ったら、いろいろな所に行って観光したい。北海道でスキーがしてみたい。九州の海に行ってみたい。それから、四国を巡礼して、いろいろなお寺を見てみたい。古い歴史的な場所を見ることが好きだ。古いお寺を観光することは非常におもしろいです。私は古い歴史を学ぶことが大好きだ。日本で私は日本の歴史と言語の知識を増やしたい。また、私は熊本で良い英語の先生になって、学生が多くのことを学ぶのを助けるようにしたいと思います。」

江戸東京博物館を訪れたハナさん

東京での研修では日本語レッスンだけでなく、歌舞伎を見たり博物館を訪れたりします。九
州でも習字をしたり、歴史的遺跡を訪問するようです。ハナさんにとって有意義なオリエ
ンテーションになればと思います。


【関連リンク】
日本福音ルーテル社団(JELA)