2016年6月24日金曜日

【リラ・プレカリア 関西地区セミナー同行記】⑤ 神戸イエス団教団(賀川記念館)にて

2016年5月17~30日、キャロル・サック宣教師は関西各所に招かれてセミナーなどを行いました。そのいくつかに同行したリラ・プレカリア研修講座5期修了生の早野潤子さんからレポートが寄せられましたので、6回に分けてご紹介します。
今回はその5回目です。

◇◆◇

神戸イエス団教会(賀川記念館)では、スライド・レクチャーはなく、約1時間半ずっと、ハープと歌によるパストラル・ミュージックを奏でました。

今から約100年前、平和な共同社会を目指し、様々な運動を推進した賀川豊彦が創設したイエス団教会。礼拝堂で昨年に続いて行われた2回目の黙想会でしたが、30名ほどが集まられました。床に敷かれた絨毯の上に持参の枕を使って横になったり、その周りの椅子の上で、思い思いリラックスした姿勢になって聴いていただきました。

演奏前にハープの調弦をしていると、昨年も参加したというある方がお声をかけてくださいました。その方が昨年参加されたのは、大切なご友人が亡くなられてすぐのことだったそうです。演奏を耳にして思いがけず涙が溢れ、お友達を回想する静かなひとときになったとお聞きして、キャロル先生も私も思わずその方の手を取り、今晩、そのご友人のためにも祈って弾きますとお伝えしました。

後日「友のことを覚えて弾きますと言っていただき、友は喜んでいると思います。私も喜んでいます。批評家の若松英輔さんの文章にありましたが、『死者が生者を慰める出来事』でした。友が私を慰め、竪琴と祈りの音楽がその取り次ぎをしてくださいました」とお伝えくださったその言葉に、神様の深い慈しみを思い、心打たれました。

◇◆◇

同行記① → 関西学院大学チャペル・アワーにて
同行記② → 関西学院大学商学部キリスト教学クラスにて
同行記③ → 関西学院大学人間福祉学部のゼミにて
同行記④ → 神戸ユニオン教会の婦人会にて
同行記⑤ → 神戸イエス団教団(賀川記念館)にて
同行記⑥ → 同志社大学チャペルコンサートにて

リラ・プレカリア(祈りのたて琴)研修講座とは、ハープと歌の祈りを届ける奉仕者を養成する講座です。

【関連リンク】
リラ・プレカリア(祈りのたて琴)関連ニュース(ブログ)
日本福音ルーテル社団(JELA)