2016年6月27日月曜日

【難民支援】 「難民の日」関連イベントをJELAホールで開催

毎年6月20日は国連の定める「世界難民の日」。この記念日に合わせ、6月22日にジェラ・ミッションセンター(東京・恵比寿)の1階ホールにて、国内の難民支援団体がそれぞれの活動を紹介するイベント「なんみんフォーラム オープンデー2016」(主催=NPO法人なんみんフォーラム[FRJ])が開催され、来場者約100名の大盛況となりました。


イベント主催者のFRJは、JELAも加盟する、日本で活動する難民支援団体のネットワーク組織です。イベントでは、JELAを含む十数の加盟団体が、ブースの出展、リーフレット・チラシの配布、日本における難民支援の歴史を紹介するスライド発表等を行いました。実際の難民の方々も会場に数名お越しくださいました。また、高田馬場のミャンマー料理店や、難民シェルター居住者の協力のもと、アジアやアフリカの郷土料理も振る舞われました。参加者の皆さんは世界の美味に舌鼓を打ちつつ、普段はなかなか行えない難民の方や難民支援関係者との交流・情報交換を楽しんでいました。



キリスト教系オンライン新聞クリスチャントゥデイ」の記者の方が取材にお見えになり、今回の催しを記事にしてくださいましたので、以下にご紹介いたします。
【関連リンク】