2015年12月7日月曜日

【宣教師支援】英語教授法のトレーニングを強化

JELAJ3(短期宣教師)の研修の一つ、ESL第二言語としての英語)の教え方を指導するための講座の回数を今年から増やしました。

来年4月から学校などで英語を教える際の教え方を伝授するために、ESL教育を専門とするジャン・プレゲンズ先生をお招きし、4回にわたる講座を行っています。35年以上も英語教育の経験を持つプレゲンズ先生は現在、ルーテル学院大学教授、新潟大学歯学部大学院非常勤講師を務めています。
J3のカイリー(左)とジェニファー(中央)に英語教育の楽しさを語るプレゲンズ先生(右)
英語教育の概要を紹介したプレゲンズ先生は今後、授業管理、発音やプレゼンテーションによるスピーキングやリスニング、そして読み書きの教え方について詳しく教えて行く予定です。

英語を教えることがとにかく楽しいとおっしゃるプレギンズ先生は、その楽しさをJ3に伝えることを自分の大切な役割と考えています。

先生の授業を受けたJ3お二人がそれぞれの現場で楽しい英語を教えることができるよう期待しましょう。


【関連リンク】