2020年7月17日

【難民支援】ご不要なノートPCやMacbookがあればJELAにご連絡ください!

JELAは、難民や難民認定申請中の方に無償で利用できるシェルター「JELA(ジェラ)ハウス」を提供しています。JELAハウスは都内に2ヶ所あり、現在19名の方にご利用いただいています。

居住者の方々に提供しているサービスの一つに、JELAにご登録いただいているボランティアの方々による日本語レッスンがありますが、新型コロナウイリスの感染拡大を受けて、現在対面式の日本レッスンを行うことができません。JELAでは各ハウスに対してレッスンで使用するためのMacBookなどを設置しておりますが、数が十分とは言い切れない状況です。

もしご家庭に眠っているご不要になったノートPCやMacbookなどがあり、JELAの難民支援事業のために寄付をしてもよいとお考えの方は、ぜひJELAまでご連絡をいただければ幸いです。

【求められるスペック】
・WEBカム(カメラ)とマイクが付いているもの
・WiFiが利用できるもの
・Windows10(Macの場合 OS 10.7 以降)のもの
・故障していないもの
・個人情報などが全て消されているもの
※分からないことがあれば、お問い合わせください。

Eメール: jela◎jela.or.jp (◎を@に変えてください)
件名に「PC(もしくはMac)寄付」とご記入の上、ご寄付を検討されているPC・Macの情報をお書きいただければ幸いです。

ご不要なものといいつつ、スペックに制約があることをお許しください。WEBレッスンで使用するために最低限必要なものとなります。

なお、ご寄付いただく場合のJELAまでの送料はご負担いただければ幸いです。
皆様からのご連絡をお待ちしております。




 JELAでは、ジェラハウスに居住する難民の方々のために日本語を教えてくださるボランティアを募集中です!

 遠方の方でもオンラインレッスンも可能かと思いますので、ご関心のある方は以下までご連絡ください。

Eメール: jela◎jela.or.jp (◎を@に変えてください)
電話: (03)3447-1521 (平日9:00~17:00)

JELAボランティアになるためには、
ボランティア登録(履歴書の提出)と面談(オンライン説明会)がございます。
双方が納得した場合、正式にボランティア登録となります。


【関連リンク】