2020年1月9日

【難民支援事業】板橋ジェラハウスが新体制でスタートへ!大掃除に宣教師も加勢

日本福音ルーテル社団(JELA=ジェラ)が、2019年4月にNPO法人WELgeeに管理を委託し運営を開始したシェアハウス型の難民シェルター「板橋ジェラハウスTOKIWA(トキワ)」は、同年12月末をもってWELgeeへの委託管理による運営を終了することになりました。

二段ベッドを組み立てるジェシカさんとJELAスタッフ
板橋ジェラハウスの運営を再スタートするに先立ち、大掃除と修繕チェックを行いました。家具の解体や移動などの力仕事も含む作業に、今回はボランティアとして短期宣教師(J3)のジェシカ・ヒルさん(Jessica Hill、米国バージニア州出身)が加勢してくれました。JELAスタッフとジェシカさんは、建物の周りの草むしり、壁の拭き取り、フロアの掃除機掛けなどの清掃なども行いました。

板橋ジェラハウスは、1月10日に新しい管理人が入居して新体制でスタートいたします。各個室への動線上に、入居者が顔を合わせ声をかけあえる大きなダイニングスペースを持つ板橋ジェラハウス。長年にわたるJELAの難民支援の経験を生かしつつ、各支援団体様と新しい管理人の協力を得て、入居者の現在と未来を見据えた思慮深い管理体制のもと、あたたかな交流を大事にした支援を目指します。

これからのジェラハウスにどうぞご期待ください。
引き続き、JELAの難民支援へのお祈りとご支援をよろしくお願いいたします!

板橋ジェラハウスの図面
シェアハウス型の難民シェルターです。

JELAでは、ジェラハウスに居住する難民の方々のために日本語を教えてくださるボランティアを募集中です! ご関心のある方は以下までご連絡ください。
Eメール: jela◎jela.or.jp (◎を@に変えてください)
電話: (03)3447-1521 (平日9:00~17:00)

【関連リンク】