2020年4月8日

世界の子ども緊急支援のお願い

JELAでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染で被害を受けている世界の子どもたちのために支援のご協力を呼びかけています。

現在、COVID-19感染拡大の影響で世界中の人が被害に遭い、そこには何千人もの子どもたちも含まれています。感染してしまった子どもたちもいれば、親や保護者を感染で亡くしてしまった子どもたちもいます。JELAは、皆さまのご支援によるり、今助けを必要としている子どもたちに手を差し伸べています。

各国ではこの危機への対応に追われています。インドでは、JELAが支援するルーテル系子ども養護施設で働く知人曰く、感染の影響で「行き先のない子供たちがいて、助けが重度に必要」と話しています。

「この世界的危機の中で、一人の子どもの人生を変えるために、自分は何ができるのか」と問われる方もいらっしゃると思います。それに応えるかのように、マザーテレサは次のように語っています。「私たちは世界全体を変えることはできませんが、私たちが住んでいる世界のごく一部を変えることができます。」

JELAには、世界中の病院、学校などの施設で困っている子供たちを支援するための食糧、医療、予防教育を提供する使命があります。この思いやりと愛の使命にご賛同いただけませんか。
3000の寄付で、1人の子どもを1週間サポートできます。ご賛同いただける方は、「世界の子ども支援(新型コロナ被害地)」とご寄付の際にご指定ください。

JELA寄付サイト

寄付金の全てが、困っている子供たちを助けるために使用されます。 その際は、弊社団が以下のミッションパートナーへ支援金を提供いたします。
LWD(ライフ・ウィ ズ・ディグニティ・カンボジア)
LPGM(ルーテル・パートナー・グローバル・ミニストリー ・インド)
LWSIT(ルーテル世界サービス・インド・トラスト)

パンデミックが収束し次第、JELAはインドとカンボジアの各支援先への訪問を予定しています。 その際に、ご支援くださった子どもたちの笑顔を見て、皆さまに近況をお伝え致します。その時も今から楽しみにしています。


子どもたちへのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。




【関連リンク】

JELA寄付サイト
日本福音ルーテル社団(JELA)ウェブサイト
JELA緊急災害支援事業ブログ