2018年8月9日木曜日

【アメリカ・ワークキャンプ2018】 13人が二週間の旅を終え無事に帰国

JELAは毎年夏、アメリカの青少年向けキャンプ「グループ・ワークキャンプ」に、日本から若者を派遣しています。

今年は13名の青少年が7月25日~8月7日の日程で、ホームスティをオハイオ州で数日間行い、ペンシルベニア州インペリアルでの一週間のキャンプに参加しました。
皆様、旅の安全をお祈りくださりありがとうございました。
8月7日、全員元気に帰国しました。


キャンプの拠点となったウェスト・アラゲイニー・ミドル・スクールには、米国の9つの州とカナダ・そして日本から青少年220名が集まりました。

一週間のキャンプでは、貧困や老齢のために自宅の修繕が困難な人のために、ペンキ塗り・大工仕事などのボランティアに従事しました。参加者は、奉仕活動を通じてキリストの愛を示します。その他プログラムを通して、神様や聖書について体験的に学びました。

参加者13名の感想文は、追って公開して参りますので楽しみにしていてください。

13人の参加者と引率スタッフの記念写真(8/4ペンシルベニア州インペリアル)